素晴らしき茶の世界を求めて、

濃茶を飲みまわすのが気持ち悪いという話。

image

こんにちは、神崎です。

先日、とある銀座のお茶屋さんに行きました。

image

目当てはカフェで抹茶を飲むことだったんですが、あいにくタイミングが悪く、骨董市をやっていました。

店主をされていた会長さんとお話をしていたら、面白い話を聞きました。

 

会長さん「最近の人たちは、潔癖だから、濃茶を飲む時に回し飲みするのを嫌がるんだよ」

私「あー、普通なら、3人分は回し飲みですもんね」

会長さん「男同士、女同士ならまだいいけど、若い女の子は、おじさんの後に飲むのが気持ち悪いって」

私「たしかにそういう人は多いかもしれませんねー」

 

私自身、大学で茶道をしていた時は、最初は抵抗がありましたが、すぐに慣れ、他の大学の人たちとも、男女気にせず飲んでいたので、すっかり一般的な感覚を忘れてしまっていましたが、濃茶の飲みまわしは確かに嫌がる人が多そうだなあと。

だから、

濃茶を練った後に、一口用の茶碗に分けてお出しする。

と言っていました。

本来、抹茶は濃茶を飲むべきものなので、もしかしたら現代の人には作法が理解できないかも知れないけど、飲んでもらうだけというのも良いアイディアだと思いました。

関連記事一覧

  1. 20160411_150834000_iOS
  2. image
  3. image
  4. 20160612_072628709_iOS
  5. 20160720_060716000_iOS
  6. 20160711_130946000_iOS

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP